Vol. 45:ブログの名前を変え、FBページを作りました

今まで僕は「起業・独立のリアル」というブログにて約900件投稿してきました。
これを通じて思考の整理だけでなく多くの方を採用することができましたし、ぶっちゃけ資金調達もこれのおかげで上手くいった部分もあると思っています。

そしてその後、バイアウトを行ったことを契機にこちらの「バイアウト後のリアル」という名前のブログを新たに立ち上げ、感じたことや考えたことを書き連ねてきたわけです。
そして少し前に創業した会社を離れ、今は新しいことをやっていこうと動いているので、ブログの名前を「バイアウト→連続起業のリアル」と少し変えFacebookグループも作ってみました。

特に最初のブログでは毎日書くと決めていたこともあり、ただのメモでしかない記事も散見されたのですが、これからはもう少し力を入れて書いていくつもり。
内容としては今までと同じく日々感じたことや考えたことを中心に、もうちょっと人様のお役に立つ内容を意識しながら書いていこうと思ってるので、改めてよろしくお願いします。

Vol. 44:仕事への集中力を上げるためのバイオハックについて

この前某友人に「バイオハック」という考え方について教えてもらいました。
その方はいわゆる学者さんでめちゃ頭もいいし研究熱心という方なんですが、要するに必要な栄養素をサプリ等で摂ることによって心身のコンディションを改善していこうという考えです。
ちなみに遺伝子をいじるとかのさらに踏み込んだものもあるみたいですがここでは特に触れません。

ちなみに僕はそういったものにもともと否定的でした。
なぜなら、自然に逆らわない生き方が人体にとっていいと思ってましたし、健康に関する通説は簡単に覆ると感じていたからです。
しかしサプリを否定するのは人間の寿命をここまで引き上げた西洋医学を否定することでもあるし、そもそもレーシックもやってめちゃ良かったんだから前向きに検討すべきだと考え直しました。

加えて、普段からより高度な集中状態に自分を持っていくために色々とルールを決めたり方法論を学んだりもしているんですが、身体の外側だけでなく内側にも改善の余地はあるなと。
もちろん、良質な運動や睡眠、食事が重要であることは間違いなくて、あくまでその補助として考えています。

その方に教えてもらったり自分で調べたりもした結果、今のところ以下の成分をサプリで摂る予定です。
ちなみに選定の基準は持久力強化、集中力向上、筋肉増強、疲れ目の回避、アンチエイジング、過剰摂取が問題になりにくい、という点です。
ーーーーー
・プロテイン
・マルチビタミン
・オメガ3
・カルノシン
・ルテイン
・ビルベリー
・テアニン
・アルギニン
・シトルリン
ーーーーー
こうやって成分名だけ並べるとヤバそうな香りがぷんぷんしてきますが、簡単にそれぞれについて書いてリンクも貼っておきます。
ちなみに、これらのサプリメントを購入する際、含有成分も見て主要な栄養素以外が多く含まれるものは避けました。
なぜなら、それぞれが合わさることによって過剰摂取状態に陥るリスクがあるからです。

プロテイン

3大栄養素のひとつ、タンパク質です。
一時期は140g/日摂ろうとしてたので、これがなきゃ正直厳しい。
牛乳or豆乳で割って、青汁の粉末も加えて飲んでます。

マルチビタミン

そのまんま、いろんなビタミンが入ってるものです。
厳密な比較はしてないですが、プロテインを買ってるサイトで購入

オメガ3

上記2つを買う際、送料を無料にするために帳尻合わせで購入
ただ、サプリでの経口摂取の効果が疑わしいらしく、普段から魚を食べることを意識してれば特にいらないかなーと。

カルノシン

上でも挙げた某友人によると、疲労対策には抗酸化物質を摂ることが重要であり、検証実験の結果イミダペプチドが最も有効であると。
そしてカルノシンってのはイミダペプチドの一種であるそうです。

ルテイン & ビルベリー

いわゆる目にいい成分。
ビルベリーってのはブルーベリーよりさらに豊富な栄養素が含まれているものらしいです。

テアニン

お茶に含まれる成分で、カフェインとのシナジーでリラックス効果と集中力を高めてくれるとのこと。

アルギニン & シトルリン

アルギニンは上記のテアニンとカフェインとの相乗効果によって疲労回復レベルを高めてくれるとのことだったので。
ちなみにカフェイン:テアニン:アルギニンが1:2:2だと理想的らしいですが、そこらへんは厳密にはやらないつもり。
シトルリンはアルギニンに転換されるアミノ酸の一種で、アルギニンと同時に摂ることにより効果が増すとのことでした。

まとめ

僕はあまり研究者気質ではないですし、友人の調査を信用しているのでざっくりと調べて良さそうなものを見繕ってみただけですが、ひとまずしばらくは続けてみるつもり。
テアニン以下はまだ手元に届いていないんですが、他のものを飲んでいてプラシーボもあるだろうけど身体の状態が改善されている感覚があるので今後が楽しみ。

僕くらいの年代は約半数が100歳まで生きると試算されているらしいですが、できるだけ健康寿命を伸ばして人生をしゃぶりつくしたい。

Vol. 36:創業した会社の代表取締役社長を退任しました

少し前からの話となりますが、バイアウトから約2年が経ち、自身で創業した会社の代表取締役から離れ、今後は顧問として関わっていくこととなりました。
2012年4月に始まった会社ですので、約7年を経て僕と会社との関係は大きな節目を迎えたわけです。
今後は、今までとは少し変わった形でJapan Infoという事業を支えてまいります。

長いようで短いようで長いこの期間を、多くの方に支えていただきました。
簡単ではありますが、この場を借りて感謝を伝えさせてください。
僕が今ここにいるのは、時間の多寡、関係の濃淡にかかわらずあなたのおかげです。
本当にありがとうございます。

創業からここに至るまでの過程については既にまとめているので、ここでは省略します。
その代わりに、まずは僕が今「仕事」ということについて思うところ、そして今後の働き方について書いてみます。

僕は2011年卒でしたが、内定を早めにいただいたこともあり2010年にはがっつりと働き始めていました。
内定先で、当時の新規事業の立ち上げに携わりテレアポと訪問を繰り返す日々。
当時、就職先を考える上で「残業代が出ないこと」を必須条件にしていた僕は、とにかく働きまくりたかった。
20代のテーマを「仕事、仕事、仕事、」に定め、全てとは言わないまでも、ほとんどの時間をそれに費やしていました。

起業してからも、バイアウト後も含めて会社に泊まったことも数知れず。
もちろん、仕事というのはただ時間をかければいいというものではなく、僕の働き方が必ずしも良いものだとは思っていません。
ただ、某投資家の方と「スタートアップって意外と遊んでる人多いですよね」という話をしていた際に、「だから原口さんはバイアウトできたんじゃないですか?」と言われたことは記憶に残っていますし、過去の自分と情熱を燃やしてくれた仕事というものに感謝しています。

ただその一方、失ったものも多くありました。
結婚したいと思っていた彼女にも振られ、体力も落ち、仕事以外の経験をすることもなく約7年という時間をほぼ仕事だけに使ってきました。
なので今後しばらくは、人生の割合における仕事以外の時間を意識的に増やそうと思っています。
そもそも僕は仕事が好きな人間ではあるのでついもっと働きたくなってしまうのですが、30代のテーマを「欲張る」に定めたこともあり人間活動ももうちょっと頑張りたい。

じゃあ具体的にどんなことをやっていくのかについてですが、仕事については既に色々とアイディアがあるのでそれを順次立ち上げていこうかなと。
現在は福岡に拠点を移してもいるのですが、場所に囚われずビジネスをやっていくというのもチャレンジの1つ。
既にいくつか「出資したい」であったり「うちで働かないか」というお声がけをいただいており大変ありがたく感じているのですが、ひとまずは自分の資金で自分の事業を進めていきます。
仕事以外についても、ここ1ヶ月でフルマラソン、東京→福岡引っ越しと1,200キロ自転車横断、海外旅行、と無茶なスケジュールで取り組んでいたんですが、色々なことを進めていくつもりです。

まとめとしてですが、2012年にスタートアップを始めたことは僕の人生において本当に大きかったな、と。
辛いこともしんどいことも山ほどあったけれども、それでもこの道を選んだおかげで自分が「人生でやっていきたいことはなにか」がはっきりと見えるようになりました。
それについては、既に冗長な文章となってしまっているため改めてどこかで。

なんか色々難しい感じで書いてみましたが、僕は今幸せですし、今後もずっと幸せだろうなーという確信に近いものがあります。
オンラインだと堅く見えがちですが、僕の中身はたぶん小学生の頃からあまり変わってなくていつも笑ってる感じなので、ご無沙汰してしまっている方も含め今後も仲良くしてください。
ということで、皆さん改めてよろしくお願いしますー!

Vol.35:福岡移住や東京→福岡自転車横断など最近の動きについて

実は最近、身の回りの大きな変化の結果として時間を自由に使えており色々動いているので、中途半端な報告になってしまいますが簡単にそれぞれ書いておきます。
「仕事は?」という当然の疑問については、近日中に改めて書きますので少々お待ちください。

ーーーーー
1. 福岡移住しました
2. フルマラソン完走しました
3. 東京→福岡自転車横断チャレンジします
4. 今後について
ーーーーー

1. 福岡移住しました

表題の通りですが、福岡の警固という中心街近くに本日から住み始めています。
理由は、ここ8年くらい仕事だけを中心に人生を進めてきたけれども、状況が変わったので外部環境も大きく変えてみたくなった、というものですが実際はほぼ勢いです。
少し前までは東京を離れるなんて思いもしなかったのに、人の考えなんて変わるもんですね。
お会いしたい方もたくさんいるのにスケジュールの関係で先に福岡に来ることになってしまいましたが、東京にもちょこちょこ滞在予定なので皆さんまた遊んでください!
そして福岡にお立ち寄りの際にはお気軽にお声がけください。

2. フルマラソン完走しました

小5から大学卒業まで過ごした横浜を舞台としたマラソンに参加し、5時間50分という凡庸なタイムで完走しました。
去年の総走行距離が300キロ、今年のそれが150キロという圧倒的練習不足で臨んだので、最後、というか後半はほぼ気持ちだけで走ることに。
諦めそうになった瞬間もありましたが、裏目標であった6時間切りも達成できて良かった。

3. 東京→福岡自転車横断チャレンジします

これが一番何を言っているんだ感があるかと思いますが、自転車で東京から福岡までの1,200キロを11/4(日)から2週間くらいで駆け抜けます(予定&願望)。
なぜ?と聞かれればこれも「勢いです」としか答えようがないのですが、なぜか同行者も見つかってしまったのでもうやるしかない。
こちらについてはインスタのストーリーを中心に道中の記録を残そうと思うので、関心がある方は僕の名前でアカウント検索してみてください。
死にたくない。
ちなみにこのチャレンジのために、福岡居住開始2日目にして、わざわざ飛行機で東京に戻ります。
死にたくない。

4. 今後について

仕事に関するものは改めての報告に譲るのですが、今後はいろんなことをやっていこうと思っているのでビジネスとは関係のないことを書くブログをとりあえずのものですが立ち上げました。
こちらでは一人の人間として、例えば上記の自転車旅についてなど書いていくつもり。

ーーーーー

人生を考えるに、自分の魂を飼いならしたくないなーと。
やりたいことが多すぎて、100歳まで元気に生きたとしてもやり足らない予感ばかり。
まだまだ大人になりきれない僕ですがそれでも僕は僕のことを好きなので、今後も人生を楽しませていただきます。
繰り返しになりますが、仕事については改めて書きます!

Vol.28:「人が人の人生を動かす」ということ

「起業しろ」というワードが一部界隈であっという間に広まりましたが、世の中にはたくさんの「◯◯しろ」が溢れています。
それは直接誰かに言われるものだけではなく、例えば進学しろ、就職しろ、という社会的圧力はもはや当たり前のように存在しています。

ただ、僕はだれかに「◯◯しろ」ってのを言いたくないんですよね。
何故かと言うと、それぞれの選択が正しいか否かはそれぞれの信念や美学、やりたいことによって異なると思っているから。
あと、僕自身が誰かにそれを言われるのが嫌いだからってのもあります。

アドバイスを求められた時には「僕だったらこうする」「こうした方がいいんじゃない?」という話はもちろんします。
でも僕はそれを強要しないし、それを盲信して失敗した時に誹りを受けるのも違うと思ってます。
最後にそう決めたのはその人なわけだから。

ちなみに「勧められたので起業しました」みたいなのはほぼ失敗するとも思ってます。
起業において一番大事なのは覚悟だと思っていて、その始まりを他者に依存しているのは脆い。

人が人の人生を動かそうとするケースのほとんどはポジショントークなので、そこは冷静に判断すべき。
僕は誰かの手を引っ張りはしないけど、その人が進もうとした時に転ばないように手を差し出す(こともある)くらいのスタンス。

蛇足ながら書いておくとプロポーズとかは上に書いたことと違うと思ってて、誰かの人生を自分の人生に重ねたいというエゴを突き通したくなっちゃうほどの想いってのは素晴らしいと考えてます。

Vol26. 32歳になりました

僭越ながら本日誕生日ということで、皆さんからコメントやメッセージ等いただきありがとうございます。
まだお返しできておらずで申し訳ないのですが、とても嬉しく感じており順次返信させていただきますので少々お待ち下さい。
自分が30代であることにすらまだ違和感があるのですがとうとう32歳ということで、「財布をなくさない」という厳しい目標を今年は自らに課していこうと思います。

ありがちな流れとしてこの1年を振り返ってみようと思うのですが、人生にとって大きな転機のきっかけとなった1年でした。
自分の人生において何が大事なのか、どうありたいのか、何をしたいのか、ということを見つめ直し、ひとまず現時点での答えを出すことができたと考えています。
そこに触れるのはまた別の機会として、その際に感じたのは自分はとても幸せだなーと。
色んなところでしんどい思いもたくさんしてきたけれども、その結果ここにいる自分ってやつが僕はわりと好きです。
その一方、幸せであるということはネガティブから生まれる力を失いがちであるということなのですが、しばらくはこの自分と付き合ってみようと思います。

僕は100年くらいは生きたいと思ってるので、折り返し地点どころかまだ1/3も生きていません。
ただ、残り70年でもやりたいこと全部してたら足りなそうなので、引き続き日々と向き合いながら生きていく所存でございます。
改めて皆さんよろしくお願いしますー!

Vol22. ”訪日旅行市場”に取り組みながら考えていること

2017年8月の訪日外国人数は前年同月比の20.9%となり、年別訪日旅行者数においても2,400万人と最高記録であった昨年を約300万人上回っています。
つまり、訪日旅行市場は今も驚異的な伸びを続けているんです。
https://goo.gl/aozgow

一時期「訪日旅行者の消費の冷え込み」が多く報道されたことがありましたが、下がったのはあくまで平均消費額であって、消費総額は増加を続けています。
そもそも、訪日旅行者数が増えれば平均が下がることは当たり前であって、これは富裕層以外のマス層もどんどんと日本に訪れている証でもあります。

話は少し変わりますが、人口減少を背景に日本のマクロ経済は縮小していきます。
翻って海外、特に日本からほど近い東南アジア諸国は人口増、経済成長を続けています。
つまり、日本企業は国内市場に留まらず、海外市場に目を向けていかなくてはいけないわけです。

僕達は訪日旅行者向けのWebサイトということで運営をしていますが、これは要するに「日本に興味のある海外の方向け」のビジネスなわけです。
つまり、海外に向けて勝負したい全てのクライアントさまに対してお役に立てるということです。

訪日旅行者向け市場というのは、”日本企業であること”が優位性を持つ唯一の市場でもあります。
僕達が頑張れば頑張るほど日本という国の魅力が世界に伝わる、僕達しかいない、という実感を持てるのはとても幸運だと感じながら毎日働いています。

引き続き、編集(正社員・インターン)スタッフも営業スタッフも募集中なので、気になる方がいたらお気軽にご連絡くださいー!

Vol21. 起業は手段か目的か

結論から書くと、どっちでも良いという根も葉もない話なんですが、補足として後に続けます。

「起業はなんらかの課題を解決するための手段であり、それが目的化しているのは危ない」という話を耳にしたことがあるんですが、前者はまぁ良いとしても後者は別にいいじゃん、と思うわけです。
例えばオリンピックに出たい方に対して、「それは手段の目的化だよね」という人はいないですよね。
自分の力を試したかったり、単なる憧れだったりであっても、その方がやりたいのであれば構わないでしょと思うわけです。

そもそも、起業したいと思っていなければビジネスの臭いを感じ取り辛いと思っています。
”事業をやりたい”と思っているからこそ、社会課題にも敏感になるし、それを解決するための案も深く考えられるので。

なんだかんだありますけど、起業してほんと良かったし楽しいです。

Vol17. 31歳になりました。

三十路に突入したことにすらまだ違和感があるのですが、今月の2日に31歳になりました。
せっかくの機会なので、ごく簡単な振り返りと今年の抱負を書き記してみます。

昨年あった大きな出来事といえば、やはりバイアウトを行ったことです。
とは言え、それによって生活が大きく変わったかといえばそんなことはなく、相も変わらず仕事中心の毎日で、会社に泊まる日もちょこちょこあります。

人生において節目は存在しますが、それは年齢ではなく心がけによって生まれるものです。
肉体は衰えますが、精神と同じく鍛えることで若さを保つことも可能です。
これからの人生、どのような出来事が起こるかは分かりませんが、その変化を楽しみながらこの1年、この10年、この一生を過ごしていきますし、そうやって生きていける自信があります。
自分たちの事業に価値や使命があると感じられているので、まだまだそこに集中していくつもりです。

最後になりましたが、たくさんのメッセージ、コメントを皆さんありがとうございました!
遅くなってしまっていますが、個別にお礼をさせて頂きますので少々お待ち下さい。
大人になりきれない僕ですが、引き続きよろしくお願いしますー!

Vol14. 会社が潰れるタイミングとは

この前ふと感じたのは、終わりがある絶望ってのは絶望ではないんだな、ということ。

僕は仕事が好きですが、今の働き方を死ぬまで続けなきゃいけないとしたら正直しんどいです。
ただ、スタートアップという働き方が良いなと思うのは、その先に大きな希望があるということ。

その希望は人によっては時間的・金銭的な自由かもしれませんし、ユーザーの方の喜びかもしれません。
どんなものであれ、いつかは報われるという希望さえあれば、人は前を向けるんじゃないでしょうか。

僕も起業してからしんどいなーと思ったことは何度もありましたが、それでもやってこれたのは自分やチームを信じ続けることができたからです。
会社が潰れるのは、資金が尽きた時でもなく、人に忘れられた時でもなく、経営者の心が完全に折れた時だよな、と。

以前にも同じようなことを書きましたが、心が多少折れてしまっても良いと思ってます。
そこで無理をして取り返しのつかないことになってしまうよりも、それを認めて、休んで、ちゃんと生きていける状態になれた方が良い。
自分がそこから立ち直れるということを知れたので、しんどいことをたくさん経験できた20代を過ごせたことは本当に良かった。